アーチレングスディスクレパンシー

「アーチレングスディスクレパンシー」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年11月15日

アーチレングスディスクレパンシーとは?

歯と歯槽弓(顎骨)における大きさの不調和があると、歯列が叢生になったり空隙歯列になったりする。これを評価する指標がアーチレングスディスクレパンシーである。




アーチレングスディスクレパンシーの求め方

  • 歯列弓周長(アベイラブルアーチレングス)
から
  • 第二小臼歯-反対側の第二小臼歯までの歯冠幅径の総和
を引いた値がアーチレングスディスクレパンシーとなる。

  • アーチレングスディスクレパンシーの値がマイナスの場合:叢生
  • アーチレングスディスクレパンシーの値がプラスの場合:空隙歯列
となる。

第一大臼歯-反対側の第一大臼歯までの歯冠幅径の総和を使用することもある。



「アーチレングスディスクレパンシー」の文献・書籍など

【読み】

あーちれんぐすでぃすくれぱんしー

【文献・書籍】

『歯科矯正学 第6版』, 飯田順一郎ら, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報

歯科医師

1992年、千葉県生まれ。鶴見大学歯学部在学中から個人でアプリ開発やWeb制作を行う。歯科医師国家試験の対策アプリを開発し、新卒歯科医師の7割超が利用するまで成長させる。2016年に歯科医師免許を取得。東京歯科大学大学院博士課程に進学後は、医事・衛生法規や歯科医療管理、社会保障制度など歯科保健医療が抱える種々の問題について専攻。同大学院中退後の2017年に当社創業。