歯科用語集
2022年4月19日

Blackの窩洞分類

「Blackの窩洞分類」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

PICK UP

Blackの窩洞分類とは?

Blackの窩洞分類とは、1895年にアメリカ合衆国のノースウエスタン大学の歯科医師であるグリーン・バーディマン・ブラック(Greene Vardiman Black; G. V. Black)が提唱した窩洞の分類のことを指します。Blackの窩洞分類では、う蝕の好発部位と修復時の技術的な特性から、窩洞を1~5級の5つに分類しています。
,

Blackの窩洞分類:1級窩洞(Class 1 cavity)

Black窩洞分類の1級窩洞とは、臼歯の咬合面、小窩裂溝、前歯の小窩に限局する窩洞や、大臼歯の頬側および舌側溝に限局または咬合面小窩裂溝と連続する窩洞を指します。

Blackの窩洞分類:2級窩洞(Class 2 cavity)

Black窩洞分類の2級窩洞とは、小臼歯、大臼歯の隣接面における窩洞のことを指します。

Blackの窩洞分類:3級窩洞(Class 3 cavity)

Black窩洞分類の3級窩洞とは、前歯の隣接面窩洞で切端隅角を含まない窩洞のことを指します。

Blackの窩洞分類:4級窩洞(Class 4 cavity)

Black窩洞分類の4級窩洞とは、前歯の隣接面窩洞で切端隅角を含む窩洞のことを指します。

Blackの窩洞分類:5級窩洞(Class 5 cavity)

Black窩洞分類の5級窩洞とは、歯冠の唇側、頬側、舌側の歯頸側3分の1における窩洞のことを指します。

なお、Blackの5つの分類にDavisが6番目の窩洞分類として臼歯部咬合面や前歯切縁の大きな窩洞を追加した。
しかし、歯頸部に生じたくさび状欠損や歯根面の窩洞は、Blackの分類では記載がない。

関連用語

PICK UP
1D SNS
掲載情報について

1D(ワンディー)は、歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士向けの情報が集まる、日本最大級の専門メディアです。

トップレベルの臨床家・研究者からオンラインで学べる「歯科セミナー」や、臨床・経営・ライフスタイルの最新情報が収集できる「歯科ニュース」など、多彩な歯科医療コンテンツを配信しています。

本サイトは、歯科医療関係者(歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科助手・歯科学生等)を対象に、歯科医療の臨床・研究・経営等に関する情報を集約したものです。歯科医療関係者以外の一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

また、本サイトで提供する情報について細心の注意を払っておりますが、内容の正確性・完全性・有用性等に関して保証するものではありません。詳細は利用規約をご覧ください。

SNS
© 2023 1D inc.
1D SNS
掲載情報について

1D(ワンディー)は、歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士向けの情報が集まる、日本最大級の専門メディアです。

トップレベルの臨床家・研究者からオンラインで学べる「歯科セミナー」や、臨床・経営・ライフスタイルの最新情報が収集できる「歯科ニュース」など、多彩な歯科医療コンテンツを配信しています。

本サイトは、歯科医療関係者(歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科助手・歯科学生等)を対象に、歯科医療の臨床・研究・経営等に関する情報を集約したものです。歯科医療関係者以外の一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

また、本サイトで提供する情報について細心の注意を払っておりますが、内容の正確性・完全性・有用性等に関して保証するものではありません。詳細は利用規約をご覧ください。

SNS
© 2023 1D inc.