歯科用語集

2022年03月12日

機能印象

「機能印象」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

機能印象とは?

機能印象とは、粘膜への圧力別に分類した印象法のうちの1つです。機能印象では、被圧変位量に応じた力で加圧し、さらに顎堤周囲可動組織の動的状態をも記録することを目的としています。これは義歯機能時に、義歯床下粘膜に咬合圧をできるだけ均等に負担させるためです。機能印象には、
がある。

機能印象以外の印象法

印象法には、機能印象以外にも、分類の仕方によってさまざまな方法があります。
  • 印象材別分類
    • アルジネート印象材
    • ゴム系印象材
    • コンパウンド印象材
    • 酸化亜鉛ユージノール印象材
    • ワックス系印象材
    • ティッシュコンディショニングを兼ねて印象採得を行うことができます。アクリル系印象材では時間の経過とともに可塑剤が溶出し、アルコールが揮発し、次第に硬化します。そのため印象採得は粘弾性を有する1〜2日の間に行います。動的印象(ダイナミック印象)とも呼ばれます。">アクリル系印象材
    • 石膏印象材
  • 印象材の組み合わせによる分類
    • 単一印象
    • 連合印象
  • 目的別による分類
    • 概形印象
    • 精密印象
    • リラインのための印象
  • 粘膜への圧力別分類
  • 機能別分類