タウロドント

「タウロドント」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

タウロドントとは?

タウロドントとは、上下・長軸方向に極めて長い髄室を有する歯のことである。タウロドントでは歯冠部の歯髄腔が長いため、相対的に歯根は短くなる。タウロドントは「長胴歯」や「広髄歯」とも呼ばれることがある。タウロドントは乳歯に好発する。

「タウロドント」の文献・書籍など

【読み】

たうろどんと

【文献・書籍】

『歯内治療学 第4版』, 中村洋ら, 医歯薬出版株式会社, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

アカデミックの症例リスト

歯の形態異常のところまとめてみましたー

1Dでこの症例を見る

見た目は台状根だけど。、
レントゲン写真状では?

1Dでこの症例を見る

「アカデミック」に関連する他の用語