歯科用語集

2022年06月30日

官能検査

「官能検査」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

官能検査とは?

官能検査とは、口臭検査のうちの1つで、患者の呼気を検査者が実際に嗅いで判断します。官能検査は、主観的で説得力に欠けるという欠点がありますが、嗅覚による測定は信頼できる方法とされています。国際口臭学会は、他の検査法を行なっても、官能検査による口臭の診断も行うべきであるとしています。より客観性のある判定を得るため、複数の人間が官能検査の検査者となり、口臭を判断することも良いとされています。

官能検査の検査条件

官能検査の検査条件は以下になります。
  • 検査当日
    • 飲食禁止
    • 口腔清掃禁止
    • 禁煙(12時間前より)
    • 洗口禁止
    • 口中清涼剤禁止
  • 検査前日以前
    • 香料入り化粧品の使用禁止(24時間前より)
    • ニンニクなど揮発成分含有食品の摂取禁止(48時間前より)
    • 抗菌薬などの服用禁止(3週間前より)
  • 検査者の条件
    1. 正常な嗅覚を有すること
    2. 検査前にコーヒー、お茶、ジュース、喫煙、香料入り化粧品などの使用禁止
    3. 複数で検査を行う




この記事は無料の会員限定です
会員登録して読む(無料)
ログインして読む