ビムラーのアダプター

「ビムラーのアダプター」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ビムラーのアダプターとは?

ビムラーのアダプターとは、骨格性上顎前突・骨格性下顎前突改善のための装置である。ビムラーのアダプターは機能的矯正装置のうちの1つである。



ビムラーのアダプターの構成・特徴

ビムラーのアダプターは、アクチバトールの筋機能力を応用する働きに、器械的作用(金属線の弾性によるもの)を加えたものである。

ビムラーのアダプターはレジン床が主体となるアクチバトールと異なり、大部分が金属線によって構成されている。そのため装置自体が弾力性に富んでおり、器械的矯正力も作用させることができる。

ビムラーのアダプターは、鼻呼吸困難な患者にも使用することができる。

ビムラーのアダプターの適応

ビムラーのアダプターの適応は以下である。
  • 骨格性上顎前突
  • 骨格性下顎前突




「ビムラーのアダプター」の文献・書籍など

【読み】

びむらーのあだぷたー

【文献・書籍】

『歯科矯正学 第6版』, 飯田順一郎ら, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「マルチブラケット」に関連する他の用語