卵胞刺激ホルモン

「卵胞刺激ホルモン」とは?歯科用語を解説
2019年10月13日

卵胞刺激ホルモンとは?

卵胞刺激ホルモンとは、下垂体前葉から放出されるホルモンの一つで、女性では卵巣における卵胞の成熟、卵胞ホルモン(エストロゲン)の生成、分泌の促進作用がある。卵胞刺激ホルモンは男性では精巣の精細管の発育、精子の形成を促進する作用がある。

「卵胞刺激ホルモン」の文献・書籍など

【読み】

らんほうしげきほるもん

【文献・書籍】