Simonの分類

「Simonの分類」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年12月05日

Simonの分類とは?

Simonの分類とは、Simonが考案した、患者の顔面に3平面を設定し、歯列と顎顔面頭蓋との相互位置関係を表現できるようにしたものである。




Simonの分類

Simonの分類は以下である。
  • 眼耳平面(フランクフルト平面)
    • 左右側の眼点(瞳孔直下で眼窩下縁と交わる点)〜耳点(耳珠上縁)で構成される平面
    • 上顎模型の基底面との距離によって、上顎部の垂直発育を評価する
  • 眼窩平面
    • 左右側の眼点を含み、眼耳平面に直交する平面
    • 歯列弓の前後的な位置を評価する
  • 正中矢状平面
    • 正中口蓋縫合を通り、眼耳平面に直交する平面
    • この平面からの距離で歯列の幅を評価する
※フランクフルト平面・正中矢状平面は互いに直交するが、眼窩平面・正中矢状平面は必ずしも直交しない。

Simonの分類の記録方法

Simonの分類による3平面を模型上に再現するための装置は、顎態模型調整器と呼ばれる。Simonの分類を記録する顎態模型では、歯列と顎顔面頭蓋との相互位置関係を表現できる。しかし近年では、同じ役割を果たすことができるセファログラムの普及によって、以前ほどの重要性はなくなりつつある。

またSimonの分類を記録するにあたって、顎態模型の代わりにフェイスボウトランスファーを行い、咬合器に石膏模型を装着・機能的な評価を行うこともある。

Simonの眼窩犬歯の法則

SimonはSimonの分類以外にも、眼窩犬歯の法則を提唱している。眼窩犬歯の法則は、「正常咬合をしている者は、眼窩平面は上顎犬歯の尖頭・下顎犬歯の遠心隅角を通る」というものである。





「Simonの分類」の文献・書籍など

【読み】

さいもんのぶんるい

【文献・書籍】

『新しい歯科矯正学』,新井一仁ら,株式会社永末書店,2000

著者/監修者情報

歯科医師

1992年、千葉県生まれ。鶴見大学歯学部在学中から個人でアプリ開発やWeb制作を行う。歯科医師国家試験の対策アプリを開発し、新卒歯科医師の7割超が利用するまで成長させる。2016年に歯科医師免許を取得。東京歯科大学大学院博士課程に進学後は、医事・衛生法規や歯科医療管理、社会保障制度など歯科保健医療が抱える種々の問題について専攻。同大学院中退後の2017年に当社創業。

マルチブラケットの症例リスト

skeletalの分類では角ANBを用いる

1Dでこの症例を見る

「マルチブラケット」に関連する他の用語