リベース

「リベース」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

リベースとは?

歯科用語である「リベース」とは、義歯床(人工歯以外の部分)を新しい義歯床に置き換えることで、義歯と義歯床下粘膜との再適合を図ることである。リベースは英語ではrebaseと書き、床交換法や改床法とも呼ばれている。



リベースの適応症例

リベースは基本的に、人工歯の咬合関係は良好・適切であるが、義歯床粘膜面の適合が不良である症例に対して適応される。リベースの主な適応症例としては、下記のような症例である。
  • 義歯の長期間の使用により義歯床用レジンが劣化や変色している症例
  • 義歯床用レジンの強度が不足している症例
  • 義歯修理やリラインなどにより義歯床の形態に不具合が生じている症例
  • 人工歯の排列や人工歯の形態、人工歯の色調を変えたくない症例
  • 床翼の豊隆を改善する症例

リベースの術式

次にリベースの臨床的術式について解説を行う。リベースはまず義歯床下粘膜との適合試験や咬合調整などの前処置を行う。
そして次に、リラインの術式と同様に、現在使用中の義歯により顎堤粘膜の印象採得を行う。そしてその印象面に超硬質石膏で模型を製作し、模型をフラスクに埋没し、開輪する。
そして人工歯が外れないように注意しながら義歯床を削除して、最後に義歯床用レジンを填入して、研磨まで行う。以上がリベースの術式である。




「リベース」の文献・書籍など

【読み】

りべーす

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

義歯製作の症例リスト

上顎のパーシャルあったんですけど写真のとりわすれ。

とりあえず下顎骨の骨隆起除去してあたらしいパーシャルでんちゃつくりなおそうかと

あとは上顎の残こんをぬいて、パーシャルデンチャーをティッシュコンデイショナーしてリベースしようかと。


てんむすめもでした

1Dでこの症例を見る

「義歯製作」に関連する他の用語