トームス突起

「トームス突起」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

トームス突起とは?

トームス突起とは、エナメル質基質形成期におけるエナメル芽細胞の遠位端(象牙質側)に見られる角錐状構造である。トームス突起は分泌面と滑走面の2面から成る。分泌面ではエナメル質基質が分泌される。エナメル芽細胞は外側に向かって後退しながらエナメル質基質を形成していき、形成されたエナメル小柱は滑走面に沿って伸長していく。エナメル質基質の分泌初期と末期~移行期ではトームス突起が見られない、あるいは消失するのでこの時期に形成されるのは無小柱エナメル質と呼ばれる。

「トームス突起」の文献・書籍など

【読み】

とーむすとっき

【文献・書籍】

『口腔の発生と組織 改訂3版』, 田畑純, 南山堂, 2015

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「アカデミック」に関連する他の用語

この用語が出てくる記事