歯内歯

「歯内歯」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

歯内歯とは?

歯内歯とは、舌側面の陥凹が深く潜り込むようになった形態である。歯内歯では、外側が象牙質、内側がエナメル質となっている。歯内歯は内反歯、陥入歯とも呼ばれる。
歯内歯と同様の歯の形態異常で「盲孔」があるが、盲孔が発達したものが「歯内歯」と言われている。盲孔と歯内歯では、形態変化の程度が異なる。
歯内歯はう蝕の好発部位である。歯内歯は上顎側切歯に出現することが多い。



歯内歯の成因

歯内歯は、歯の発生過程において、歯胚がエナメル質を形成する際に内エナメル上皮の一部が歯乳頭(歯胚の間葉細胞が凝集した部分で最終的に象牙質と歯髄になる)内に侵入し増殖することで生じると考えられている。




「歯内歯」の文献・書籍など

【読み】

しないし

【文献・書籍】

『歯の解剖学 第22版』, 原著 藤田恒太郎, 改訂 桐野忠大, 山下靖雄, 金原出版株式会社, 1995
下顎第二小臼歯にみられた歯内歯の歯内療法, 小平裕恵ら, 小児歯科学雑誌, 2008
『口腔の発生と組織 改訂3版』, 田畑純, 南山堂, 2015

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「アカデミック」に関連する他の用語