MMA/TBB系セメント

「MMA/TBB系セメント」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月26日

MMA/TBB系セメントとは

MMA/TBB系セメントとはレジンセメントの一つで、フィラーを含まず粉末と液、重合開始剤を混和する化学重合型レジンセメントである。




MMA/TBB系セメントの成分

MMA/TBB系セメントの粉末の主成分はPMMAであり、液の主成分はMMAであり、TBBを重合開始剤として、4ーMETAを接着性モノマーとして含んでいる。4ーMETAは歯質への親和性が高く、象牙質へのMMAの浸透を促進し樹脂含浸層を作る。
MMA/TBB系セメントのキャタリストとして使用されているTBB(トリーnーブチルボラン)は酸素や水があれば触媒として働き、ラジカルを生んでMMAの重合を開始させる。そのためMMA/TBB系セメントには、水分を持つ物質の接着界面から重合を開始させるという特徴がある。
MMA/TBB系セメントの歯面処理としてエナメル質に対し65%リン酸水溶液、エナメル質と象牙質に対し10%クエン酸ー3%塩化第二節水溶液を用いる。





「MMA/TBB系セメント」の文献・書籍など

【読み】

えむえむえー/てぃーびーびーけいせめんと

【文献・書籍】

『保存修復学 第6版』, 千田彰ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.

著者/監修者情報

歯科医師

1992年、千葉県生まれ。鶴見大学歯学部在学中から個人でアプリ開発やWeb制作を行う。歯科医師国家試験の対策アプリを開発し、新卒歯科医師の7割超が利用するまで成長させる。2016年に歯科医師免許を取得。東京歯科大学大学院博士課程に進学後は、医事・衛生法規や歯科医療管理、社会保障制度など歯科保健医療が抱える種々の問題について専攻。同大学院中退後の2017年に当社創業。