研究模型

「研究模型」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

研究模型とは?

概形印象によって作られる模型で、顎・口腔の診察、検査、診断、治療計画立案などを行うために作られる。



研究用模型でわかること

研究用模型でわかることは、以下のようなことが挙げられる。
  • 残存歯の形態傾斜
  • 歯の転位
  • 歯の捻転
  • 歯の挺出の有無
  • 歯の植立方向
  • 対合関係,歯列弓の形態
  • 欠損部顎堤の形態や対合関係
  • 咬合平面

研究用模型で使われる材料

研究用模型では、通常はアルジネート印象材と石膏が使われる。近年ではアルジネート印象材と石膏の代わりにスキャナーで光学印象をとり、コンピューター上で模型を作成する方法もある。




「研究模型」の文献・書籍など

【読み】

けんきゅうもけい

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部を卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。