歯科用語集

2022年03月15日

interincisal angle(インターインサイザルアングル)

「interincisal angle(インターインサイザルアングル)」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

interincisal angleとは?

interincisal angleとは、上下顎中切歯歯軸が校舎する角度のことであり上下顎中切歯歯軸角ともいいます。interincisal angleは、上顎中切歯歯軸と下顎中切歯歯軸との関係を評価します。interincisal angleはセファログラムを分析する方法であるDowns法とNorthwestern法における歯性分析項目の一つです。interincisal angleは歯槽性上下顎前突の場合、この角度は小さく、上下顎中切歯が舌側傾斜している場合、この角度は大きいとされます。

Downs法とは?

Downs法とは、1948年にセファログラムについてDownsによって発表された最初の分析法で、現在でも広く用いられています。フランクフルト平面を分析の基準とし、骨格性分析項目と歯性分析項目の2つに大別して顎顔面の形態的特徴を数量化しています。

⑴    骨格型skeletal pattern
  1. 顔面角facial angle:顔面平面とフランクフルト平面のなす角度、オトガイ部の前後的位置を評価。オトガイ部は、この角度が大きい場合に前方位を、小さい場合に後方位を示す。
  2. 上顎突出度angle of convexity:直線NAと直線APogとのなす角度。A点が顔面平面より前方にあるときをプラス、後方にあるときをマイナスとする。オトガイ部に対する上顎歯槽基底部の前後的な位置を評価。この角度がマイナスの場合にオトガイ部が前方位を示し、プラスの場合に上顎歯槽基底部が前方位を示す。
  3. A-B平面角 A-B plane angle:直線ABto顔面平面のなす角度、上下顎歯槽基底部の前後的位置関係を評価。顔面平面に対してA点がB点より前方にあるときをマイナス、後方にあるときをプラスとする。
  4. フランクフルト平面に対する下顎下縁平面角 FH plane to mandibular plane angle:下顎下縁平面とフランクフルト平面とのなす角度、上顎面に対する下顎下縁の傾斜度を評価。
  5. Y軸角 Y axis to FH plane angle:Y軸とフランクフルト平面とのなす角度。オトガイ部の位置・下顎骨の成長発育方向を評価。オトガイは、この角度が小さい場合に前方位を、大きい場合に後方位を示す。

⑵    咬合型 denture pattern
  1. 仮想咬合平面とは区別されます。">咬合平面角 cant of occlusal plane:仮想咬合平面とは区別されます。">咬合平面とフランクフルト平面とのなす角度、仮想咬合平面とは区別されます。">咬合平面の傾斜度を評価。
  2. 上下顎中切歯歯軸 interincisal angle:上記に記載
  3. 下顎下縁平面に対する下顎中切歯歯軸角 L1 to mandibular plane angle:下顎中切歯歯軸歯軸と下顎下縁平面とのなす角度。下顎骨体に対する下顎中切歯の傾斜度を評価。
  4. 仮想咬合平面とは区別されます。">咬合平面に対する下顎中切歯歯軸角 L1 to occlusal plane angle:下顎中切歯歯軸と仮想咬合平面とは区別されます。">咬合平面とのなす角度。仮想咬合平面とは区別されます。">咬合平面に対する下顎中切歯の傾斜度を評価。
  5. 上顎中切歯突出度 distance U1 to A-P:上顎中切歯の切縁から直線APogまでの垂直距離。上顎中切歯の突出度を評価。

Northwestern法とは?

Northwestern法はNorthwestern大学のGraberらによって発表された分析法で、Downs法と並び広く用いられています。Downs法と同じく、骨格性分析項目と歯性分析項目の2つに大別して顎顔面の形態的特徴を数量化しましたが、セファログラムではフランクフルト平面の同定が困難な場合があるため、分析の基準にSN平面を用いています。

⑴    骨格型 skeletal pattern
  1. 上顎突出度:Downs法と同じ計測項目。オトガイ部に対する上顎歯槽基底部の前後的位置を評価。
  2. SNA角 SNA angle:SN平面と直線NAとのなす角度。頭蓋底に対する上顎歯槽基底部の前後的位置を評価。上顎歯槽基底部は、この角度が大きい場合に前方位を、小さい場合に後方位を示す。
  3. SNB角 SNB angle:SN平面と直線NBとのなす角度。頭蓋底に対する下顎歯槽基底部の前後的位置を評価。下顎歯槽基底部は、この角度が大きい場合に前方位を、小さい場合に後方位を示す。
  4. ANB角 ANB angle:直線ANと直線NBとのなす角度。SNA角からSNB角を引いた値で、上下顎歯槽基底部の前後的位置関係を評価。
  5. SN平面に対する下顎下縁平面角 SN plane to mandibular plane angle:下顎下縁平面とSN平面とのなす角度。下顎下縁の傾斜度を評価。

⑵    咬合型 denture pattern
  1. SN平面に対する上顎中切歯歯軸角 U1 to SN plane angle:上顎中切歯歯軸とSN平面とのなす角度。頭蓋底に対する上顎中切歯の傾斜度を評価。
  2. 下顎下縁平面に対する下顎中切歯歯軸角:Downs法と同じ計測項目。
  3. 仮想咬合平面とは区別されます。">咬合平面に対する下顎中切歯歯軸角:Downs法と同じ計測項目。
  4. 上下顎中切歯歯軸:Downs法と同じ計測項目。上記に記載。
  5. 顔面平面に対する上顎中切歯切縁の位置関係 distance U1 to facial plane:上顎中切歯の切縁から顔面平面までの垂直距離。上顎中切歯の突出度を評価。