金銀パラジウム合金

「金銀パラジウム合金」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

金銀パラジウム合金とは?

金銀パラジウム合金とは、歯科用金合金の一つである。金銀パラジウム合金には銀が多いので構成成分の含有量からすれば「銀パラジウム銅金合金」とよぶのが本来の呼び方であるが、歯科領域では古くからJIS規格に則り金銀パラジウム合金と呼んでいる。
12%金銀パラジウム合金は保険適応されている合金であり、保険診療のインレーやクラウンはこの金属を使って作られる。
金銀パラジウム合金の本合金の種類には第1種のクラウン、インレー用と第2種のブリッジ、クラスプ用とがあり
金の含有量は12%以上、バラジウム20%以上、銀40%以上と規定されている。第2種は硬化熱処理が可能である。金銀パラジウム合金は略称では「金パラ」と呼ばれる。



金銀パラジウム合金の組成

金銀パラジウム合金の組成を以下に示す。
  • Ag(銀):50% 
  • Pd(パラジウム):20% 
  • Cu(銅):14% 
  • Au(金):12% 
  • Zn(亜鉛):4%

金銀パラジウム合金の各成分の目的

  • Pd(パラジウム):耐硫化性の向上、融点上昇、強さの増加、ガス吸収
  • Cu(銅):時効硬化の発現、融点降下、鋳造性の改善、耐食性の低下
  • Au(金):耐食性と鋳造性の向上少、融点上昇
  • Zn(亜鉛):脱酸剤(酸化防止)、融点降下
  • Ir(イリジウム)、Rh(ロジウム):結晶粒微細化、偏析の緩和、強さと伸びの増加

金銀パラジウム合金の問題点

近年パラジウムの価格が高騰しているため、それに伴い歯科用金銀パラジウム合金も価格が高騰している。
パラジウムは世界の市場では自動車の排ガス中に含まれる有害物質を無害化する触媒としての使用量総需要の7~8割程度を占めているため、世界経済の成長に伴って、必然的に価格は高騰するのである。
パラジウム地金相場高騰のあおりを受け、金銀パラジウム合金のの市場価格は年々高騰しているのにも関わらず、保険点数に反映されていないのが実情である。




「金銀パラジウム合金」の文献・書籍など

【読み】

きんぎんぱらじうむごうきん

【文献・書籍】

『スタンダード歯科理工学一生体材料と歯科材料一 第5版』, 楳本貢三ら, 株式会社学建書院, 2013.
Yahoo!JAPANニュース「パラジウム価格が高騰している真相」2017/6/10(土) 10:19配信 2019年10月2日閲覧

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

アカデミックの症例リスト

コメントで、上皮の接着について触れたので改めて記載します。

補綴を行った際にクリーピングを期待する方は多いと思いますが、上皮はCR 金パラには接着しません。

上皮は滑沢な面を好むため、研磨性の高いセラミックには接着します。

ところが、上皮は段差を乗り越える事ができません。

何が言いたいかと言うと、とにかくフィットが重要になるということです。

口腔内スキャナで印象とって、cad/camで補綴入れたら抜群にフィットしてクリーピングするのであれば、私も迷わずそれを選択します。簡便ですからね。

ですが、現実的にその治療法では長期的に安定した補綴を提供する事はできません。精度が低いからです。

形成 印象 に拘るのは単純にそのような理由からです。

機械が削りあげた規格性のある物体にピッタリ嵌め込むキャップ様の物を製作するのは、機械の方が得意だと思います。

ですが、支台歯は機械が削り出すのではありません。周囲には軟組織も存在し、縁下のマージン等をスキャナし、cadで削り出せるほどの技術は無いと思います。(zozosuitが光学印象の精度を表してると思います。)我々が形成した支台歯をどれだけ精密に再現するかが肝心です。 精密に口腔外で再現できなければ、精密な補綴物の作製は不可能です。

1Dでこの症例を見る

最近保険のCADCAM冠について興味があります。
口腔内で適合、咬合、耐久性がパラ冠と比べてどの程度のレベルなのか。トラブルは起こりやすいのか。などを中心に特にDrサイドの感想が気になっています。点数多いし、2年持てばなんでもいいじゃんと言うものでなく材料のポテンシャルが知りたいです。

1Dでこの症例を見る

最近、Pdの価格が高騰してきました。
それに伴い、クリアランスも薄い状態での模型がかなり多いです。
穴が開くので盛り上げてメタル調整して納品するのですが結局、調整中に穴が空きましたと再製で帰ってきます。
ちょっと理不尽な気もしますが、どうでしょうか?

1Dでこの症例を見る

「アカデミック」に関連する他の用語

この用語が出てくる記事