フェイスボウ

「フェイスボウ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

フェイスボウとは?

フェイスボウとは、有床義歯や冠橋義歯(クラウン・ブリッジ)の制作のために使われる器具の一つで、頭蓋あるいは顎関節に対する上顎歯列(人工歯列を含む)の3次元的位置関係を咬合器上で再現するために用いる器具である。
調節性の咬合器への模型のマウント(装着)に用いられ、フェイスボウによる咬合器への一連の装着操作を「フェイスボウトランスファー」という。フェイスボウは日本語表記では「顔弓」と呼ばれる。



フェイスボウの構成要素

フェイスボウは以下の要素により構成されている。
  • 左右の後方基準点と前方基準点を示す3本のポインター
    • 前方基準点を示すリファレンスポインター
    • 左右の後方基準点を示す2本のスタイラス(顆頭指示桿)
  • 上顎歯列や咬合堤をフェイスボウに連結するためのバイトフォーク
  • バイトフォークを組み込むためのフレーム




「フェイスボウ」の文献・書籍など

【読み】

ふぇいすぼう

【文献・書籍】

『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.
『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

義歯製作の症例リスト

部分床義歯の作り方について、先生がロクに教えてくれないし予習に全部負担かけてくるので、「何故その工程を行うのか?」に重点を置きながら予習したのですが、これであっているでしょうか。
もしよろしければ、添削お願いします。

1Dでこの症例を見る

「義歯製作」に関連する他の用語