クロージングループ

「クロージングループ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

クロージングループとは?

クロージングループとは、アーチワイヤー屈曲方法のうちの1つである。前歯の遠心移動や、空隙閉鎖時に用いられるのがクロージングループである。



アーチワイヤーの屈曲

ワイヤーの屈曲は、以下2つに分けられる。
  • 丸型ワイヤーの屈曲
    • 治療の初期に多く用いられる
    • 歯列を標準化(レベリング)するために使用される
  • 角型ワイヤーの屈曲
    • 治療の後半で多く用いられる
    • 屈曲によって三次元的移動を期待するもの




「クロージングループ」の文献・書籍など

【読み】

くろーじんぐるーぷ

【文献・書籍】

『歯科矯正学 第6版』, 飯田順一郎ら, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「マルチブラケット」に関連する他の用語