歯科用語集
2022年3月14日

矯正用ワイヤー

「矯正用ワイヤー」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

PICK UP

矯正用ワイヤーとは?

矯正用ワイヤーとは、歯の移動や維持のために使われるワイヤーのことです。
,


矯正用ワイヤーの種類

矯正用ワイヤーにはいくつかの種類があります。
形態による分類
断面形状
丸型
正方型
長方型
編み状型
ワイヤー形状
直線状
歯列弓の形状(プリフォームワイヤー)
組成による分類
ステンレススチール
クロム18%、ニッケル8%を含む線材料
クロム含有量が高いため、耐蝕性がある
優れた弾力性と加工性を持ち安価
電気溶接が可能である
熱処理によって線屈曲のときに生じる加工硬化を取り除くことができる
コバルトクロム合金線
コバルト、クロム、ニッケルを主成分とする線材料
加工性に優れ、屈曲が容易
熱処理により硬化するため、ワイヤー装着時には高い弾性が得られる
熱処理は電気的にヒートトリーターで行い、キツネ色になる程度を目安としている
ニッケルチタン合金線
ニッケルとチタンを主成分とする線材料
超弾性と形状記憶の2つの特性を持つ(※超弾性=ひずみを増加させても応力が一定という特性のこと)
力が加わるあるいは温度の下降でマルテンサイト相を生じ変形する(軟らかい)
力を取り除くあるいは温度の上昇でオーステナイト相に戻る(硬い)
超弾性の優れた柔軟性と復元性により、叢生歯列であっても、各歯のブラケットスロットにワイヤーを同時密着させ一定の矯正力を与えることができる
その他
チタンとモリブデンからなるチタンモリブデン合金線や、銅を加えてニッケルチタン合金線がある


関連用語

PICK UP
1D SNS
掲載情報について

1D(ワンディー)は、歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士向けの情報が集まる、日本最大級の専門メディアです。

トップレベルの臨床家・研究者からオンラインで学べる「歯科セミナー」や、臨床・経営・ライフスタイルの最新情報が収集できる「歯科ニュース」など、多彩な歯科医療コンテンツを配信しています。

本サイトは、歯科医療関係者(歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科助手・歯科学生等)を対象に、歯科医療の臨床・研究・経営等に関する情報を集約したものです。歯科医療関係者以外の一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

また、本サイトで提供する情報について細心の注意を払っておりますが、内容の正確性・完全性・有用性等に関して保証するものではありません。詳細は利用規約をご覧ください。

SNS
© 2023 1D inc.
1D SNS
掲載情報について

1D(ワンディー)は、歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士向けの情報が集まる、日本最大級の専門メディアです。

トップレベルの臨床家・研究者からオンラインで学べる「歯科セミナー」や、臨床・経営・ライフスタイルの最新情報が収集できる「歯科ニュース」など、多彩な歯科医療コンテンツを配信しています。

本サイトは、歯科医療関係者(歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科助手・歯科学生等)を対象に、歯科医療の臨床・研究・経営等に関する情報を集約したものです。歯科医療関係者以外の一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

また、本サイトで提供する情報について細心の注意を払っておりますが、内容の正確性・完全性・有用性等に関して保証するものではありません。詳細は利用規約をご覧ください。

SNS
© 2023 1D inc.