酸化亜鉛ユージノールペースト

「酸化亜鉛ユージノールペースト」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

酸化亜鉛ユージノールペーストとは?

酸化亜鉛ユージノールペーストとは、精密印象に使われる材料のうちの1つである。酸化亜鉛ユージノールペーストでは酸化亜鉛(ペースト1)とユージノール(ペースト2)を練和して硬化させる。酸・塩基反応によりキレートを作る。

酸化亜鉛ユージノールペーストは無圧印象材の代表的材料である。




酸化亜鉛ユージノールペーストの特徴

酸化亜鉛ユージノールペーストの特徴は以下である。
  • 流動性に優れている
  • ぬれ性に富む
  • 細部の再現性・寸法安定性が良好であり無歯顎印象に適している
  • 初期硬化は3〜6分で、硬化時間は室温にも影響される
  • 不可逆性
  • 非弾性
  • 追加修正が可能
  • 刺激性が強い
  • 手指・衣服に付着すると除去しにくい
  • 著しい顎堤のアンダーカットには使用できない

酸化亜鉛ユージノールペーストの組成

酸化亜鉛ユージノールペーストは以下から成る。
  • 酸化亜鉛
  • ユージノール(チョウジ油)
  • ロジン
  • バルサム
  • ラノリン
  • 硬化促進剤
  • フィラー
など





「酸化亜鉛ユージノールペースト」の文献・書籍など

【読み】

さんかあえんゆーじのーるぺーすと

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。