リーウェイスペース

「リーウェイスペース」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

リーウェイスペースとは?

リーウェイスペース(Leeway space)とは、
  • 乳犬歯・第一乳臼歯・第二乳臼歯の歯冠幅径の総和(C+D+Eの歯冠幅径)
から、
  • 永久歯の犬歯・第一小臼歯・第二小臼歯の歯冠幅径の総和(3+4+5の歯冠幅径)
を引いた値である。
リーウェイスペースは上顎でおよそ1mm、下顎でおよそ3mmである。

つまり、
  • 乳犬歯・第一乳臼歯・第二乳臼歯の歯冠幅径の総和(C+D+Eの歯冠幅径)
の方が、
  • 永久歯の犬歯・第一小臼歯・第二小臼歯の歯冠幅径の総和(3+4+5の歯冠幅径)
よりも大きい。



リーウェイスペースの役割

リーウェイスペースは、第一大臼歯の近心移動に利用される。その結果、上下顎第一大臼歯の咬合調整が行われる。また、リーウェイスペースは下顎のほうが大きい。




「リーウェイスペース」の文献・書籍など

【読み】

りーうぇいすぺーす

【文献・書籍】

『新しい歯科矯正学』,新井一仁ら,株式会社永末書店,2000

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。