機能的ワックスバイト法

「機能的ワックスバイト法」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

機能的ワックスバイト法(ファンクショナルワックスバイト法)とは?

機能的ワックスバイト法とは、ワックスを応用し、早期接触の位置を把握したり下顎偏位を分析する方法である。機能的ワックスバイト法は機能的な下顎偏位が疑われるときに行われる。機能的ワックスバイト法を提唱したのはMoyersである。



機能的ワックスバイト法(ファンクショナルワックスバイト法)の手順

機能的ワックスバイト法は、以下の手順をたどる。
  1. 求心性の刺激を遮断する
  2. 筋肉をリラックスさせる
  3. 本来の下顎位を確認する
  4. 早期接触の位置を把握する
  5. 咬頭干渉の有無を把握する




「機能的ワックスバイト法」の文献・書籍など

【読み】

きのうてきわっくすばいとほう

【文献・書籍】

・『新しい歯科矯正学』,新井一仁ら,株式会社永末書店,2000
・『歯科矯正学 第6版』, 飯田順一郎ら, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。