緩徐拡大装置

「緩徐拡大装置」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

緩徐拡大装置とは?

緩徐拡大装置とは、時間をかけて歯列を側方拡大するための可撤式拡大床である。緩徐拡大装置は拡大を徐々に行うので、口腔周囲組織との調和が得られやすいとされる。



緩徐拡大装置の適応

緩徐拡大装置は主に乳歯列期〜混合歯列期の狭窄歯列に適応される。また永久歯列期の側方拡大に適応されることもある。

緩徐拡大装置の作用

緩徐拡大装置では主に歯槽突起部が拡大されるため、正中口蓋縫合部の拡大は少ない。また緩徐拡大装置では側方歯の頰側傾斜により歯列が拡大されるため、急速拡大装置に比べて拡大量は少ない。

緩徐拡大装置の構成

緩徐拡大装置は以下によって構成されている。
  • レジン床
  • 拡大ネジ
  • クラスプ
  • スクリューキー
拡大ネジの代わりに、Ω型の拡大スプリングを備えたもの:Coffinの拡大床もある。この拡大スプリングは太い金属線で作製され、口蓋中央に位置される。


「緩徐拡大装置」の文献・書籍など

【読み】

かんじょかくだいそうち

【文献・書籍】

『新しい歯科矯正学』,新井一仁ら,株式会社永末書店,2000

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「マルチブラケット」に関連する他の用語