ポストダム

「ポストダム」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ポストダムとは?

ポストダムとは、上顎の義歯床口蓋後縁に設けられる堤状突起のことである。ポストダムの付与は、後縁封鎖を確実にする。ポストダムにより上顎全部床義歯と義歯床粘膜との間に陰圧が生じ、義歯は強固に維持されるのである。

ポストダムは印象採得時に付与することが合理的とされている。印象採得では、硬口蓋と軟口蓋の境界部(アーライン)で、軟口蓋寄りの粘膜組織の厚い部分を個人トレーで強く圧迫して印象する。そのため、研究用模型の後縁部を、口蓋骨の形態に沿って正中部では薄く狭く、側方部では厚く広く削除し、コンパウンドを付与しておくと良い。

「ポストダム」の文献・書籍など

【読み】

ぽすとだむ

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「義歯製作」に関連する他の用語