プロービング

「プロービング」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年11月25日

プロービングとは?

プロービングとは、ポケット探針や歯周プローブを用いた歯周ポケットの診査のことである。ポケット探針や歯周プローブを歯肉溝や歯周ポケットに挿入し、歯周組織の状態を探る。プロービングは、歯周組織の破壊の程度や歯周治療に対する組織の反応性を評価するために欠かせない検査のひとつである。プロービングは英語では「probing」と表記する。


プロービングの方法

プロービングを行う際の荷重は、約20-25g程度が望ましいとされている。プロービングをこの荷重で統一して行うことで、患者の痛みを軽減したり、また検査の数値の再現性を高めることが可能になる。

プロービングでは、歯の長軸と平行になるように、また必ず口腔内にフィンガーレストを確保して歯周ポケットや歯肉溝に歯周プローブを挿入するようにすることが重要である。

プロービングはエックス線写真を参考にしながら行うこともコツである。不適合修復物や歯石、う蝕・カリエス、歯冠や歯根のカントゥア(豊隆)などは歯周プローブの正確な挿入を障害する要因である。

接触点(コンタクトポイント)直下のポケットや骨欠損を探知するには、歯周プローブを歯間隣接面の頬舌側からわずかに斜めに挿入する。測定は通常1歯あたり6箇所を計測する6点法、4点法、1点法がある。歯周精密検査では4点法または6点法、歯周基本検査では1点法を用いる。

プロービングに用いられる器具

プロービングを行う際には、歯周プローブとよばれる器具を用いる。プロービングに用いられる歯周プローブの断面は、円形や平型でデザインの異なるものがある。また作業幅として、1mm・2mm・3mm単位の間隔で目盛りが刻まれている。

歯周プローブの主な材料は、金属やプラスチック、チタンなどがある。根分岐部におけるプロービングには、ファーケーションプローブを用いる。

プロービングにより診査できる項目

ポケット探針や歯周プローブを用いたプロービングにより診査できるのは、主に以下の項目である。

  • ポケット深さ
  • BOP(Bleeding of Proving、プロービング時の出血)
  • クリニカルアタッチメントレベル
  • 歯肉縁下カリエス
  • 歯肉縁下歯石
  • 修復物のオーバーマージン
  • 歯根破折
  • 取り残しの余剰セメント
  • セメント質剥離

プロービングの重要な指標:BOPとは?

プロービングを行った際に、歯肉からの出血を伴うことがある。これをBOP(bleeding on probing)といい、プロービング時の出血ともいう。BOPは歯肉の炎症の兆候のひとつであり、臨床的によく用いられる指標である。

プロービングのメリット・デメリット

プロービングを行うメリットは、ポケット探針や歯周プローブといった器具のみで比較的手軽に歯周組織の破壊の程度や歯周治療に対する組織の反応性を評価できる点である。
プロービングを行うデメリットは、適切な荷重(約20-25g程度)で行わない場合、患者に痛みを与えてしまったり、付着を破壊してしまうことなどが挙げられる。

ウォーキングプロービングとは?

プロービングを行う際には、ウォーキングプロービングを用いる。ウォーキングプロービングとは、歯周プローブを上下に細かく動かしながら近遠心方向に移動させていくテクニックのことである。ウォーキングプロービングは「ウォーキングテクニック」とも呼ばれる。

プロービングデプス・ポケット深さとアタッチメントレベル

歯周プローブによってプロービングを行い計測した、歯肉辺縁からプローブの先端までの距離を「プロービングデプス(probing depth)」という。似たような用語で「ポケット深さ」とは、組織学的に計測した歯肉辺縁からポケット底までの距離のことである。

プロービングの際に、歯周プローブによってポケット底に根尖側に圧力がかかるため、プロービングデプスとポケット深さの値は一致しないことがある。

またアタッチメントレベル(attachment level)とは、セメント・エナメル境(CEJ)から接合上皮歯冠側端までの距離のことを指す。アタッチメントレベルは歯根表面における歯周組織の付着(接合上皮)の位置を表す指標である。

臨床的には、プロービングを行った際のセメント・エナメル境(CEJ)からプローブの先端までの距離のことを指し、これを「クリニカル・アタッチメントレベル(clinical attachment level:CAL)という。

アタッチメントレベルは、歯周治療における治療効果(付着の喪失・獲得)を評価できる、重要な指標のひとつである。付着の獲得、すなわちアタッチメントレベルが減少することを「アタッチメントゲイン」と呼び、付着の喪失、すなわちアタッチメントレベルが増加することを「アタッチメントロス」と呼ぶ。



「プロービング」の文献・書籍など

【読み】

ぷろーびんぐ

【文献・書籍】

『臨床歯周病学 第1版』, 吉江弘正ら, 医歯薬出版株式会社, 2007
『ザ・ペリオドントロジー 第3版』, 沼部幸博ら, 永末書店, 2019

著者/監修者情報

1990年東京都生まれ。2017年鶴見大学歯学部歯学科卒業後、歯科医師免許を取得。同大学歯学部附属病院にて歯科医師臨床研修を修了。診療の傍ら、ワンディー株式会社ではコンテンツの編集を担当。日本医療情報学会所属。

歯周基本治療の症例リスト

サイナストラクト?な症例。
自発痛等自覚症状無し。定期検診にて発見。右上に排膿と骨露出を認める。一応念のため、歯髄診やポケット検査を行うも異常なし。元々既往を聞いていたため、即紹介としたかった・・・が「遠いし行かんといかんやろか?」「これはまずいと思う、早く行った方が良い」紹介状の返信は予想通りだった。

1Dでこの症例を見る

【症例相談】
主訴:歯茎の形を整えたい。(部位は12-22、33-43)
50代女性、降圧薬等内服なし。
PPD全周2〜3mm、上下顎共に十分な角化歯肉幅あり。
矯正前は頬舌側に歯がガタガタしていたが、歯茎は矯正前から同じような感じだったかも、ということ。

ボーンサラウンディングしていないのですが、パントモ上では骨ラインは高すぎる感じがないので、フラップなしで理想の歯肉ラインで歯肉切除術が良いかなと思っています。
①それともやはりフラップして骨の状態を確認すべきなのか
②矯正器具は術後どのくらいまで外しておいてもらうべきか(最低二週間、歯茎が落ち着くまで?)
③理想的な歯肉ラインは何を参考にすべきか
④歯肉切除術の場合、電気メスと普通のメスを使用した場合のメリットデメリット
等、ご教授いただけると幸いです。
宜しくお願い致します。

1Dでこの症例を見る

SPTからメンテナンスの判断って衛生士はどこまで判断すればいいのでしょうか?
うちの院長いわく「ポケット3ミリ以下で歯周組織の炎症なくなり、なおかつプラークコントロールチャートが20~25%保てる人じゃないとメンテナンスに移行できない」と言ってます。
SPTに入っている患者さんの中にはポケット3ミリくらいで炎症もない人もいます。患者さんからも「もう歯周病ほとんどないのでは?」と言ってくる患者さんいます。でも院長は『4ミリあって少し縁下歯石再付着してるからしばらくSPTにして』と言われます。
どうしたらよろしいでしょうか?

1Dでこの症例を見る

「歯周基本治療」に関連する他の用語

この用語が出てくる記事