基底結節

「基底結節」とは?歯科用語を解説
2019年10月06日

基底結節とは?

基底結節とは切歯や犬歯に見られる結節である。切歯や犬歯は左右の辺縁は歯頚部の近くで癒合して突隆になっている箇所があるが、歯冠のこのような突隆を基底結節という。

「基底結節」の文献・書籍など

【読み】

きていけっせつ

【文献・書籍】