ガイドプレーン

「ガイドプレーン」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ガイドプレーンとは?

ガイドプレーンとは、局部床義歯作成時の支台歯に形成する構造物で、支台歯側面に義歯の着脱方向と平行に形成された平面である。
ガイドプレーンと、隣接面板やクラスプなどとの組み合わせで、義歯と支台歯の間隙を少なくし、支台歯の保護と義歯の動揺を規制する機能を発揮する。つまりガイドプレーンは義歯の把持に関与している。またガイドプレーンは、隣接面板、小連結子とともに義歯の着脱方向を規定している。
ガイドプレーンは誘導面ともいう。



ガイドプレーンの目的

ガイドプレーンの目的は以下の通りである。
  • 食片の圧入を防止する
  • 維持や把持の効果の向上
  • 義歯の安定を図る

ガイドプレーンの形成法

口腔内でのガイドプレーンの形成にあたっては、あらかじめ研究用模型でサベイヤーを用いて必要な
部位を確認し、義歯の着脱方向に対してどの程度の形成が可能かを確かめたのちに模型を削除する。
そして口腔内では,これを参考にしながら,エナメル質の範囲内で平面状あるいは頬舌的に彎曲した面にガイドプレーンを形成する。形成した面はシリコーンポイントなどを用いて十分に研磨しておく。
これによってガイドプレーンが完成する。


「ガイドプレーン」の文献・書籍など

【読み】

がいどぷれーん

【文献・書籍】

『スタンダードパーシャルデンチャー補綴学 第3版第1刷』, 藍稔ら, 株式会社学建書院, 2016.
『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「義歯製作」に関連する他の用語