ブラケットアンギュレーション

「ブラケットアンギュレーション」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ブラケットアンギュレーションとは?

ブラケットアンギュレーションとは、歯を近心あるいは遠心に傾斜させるために、ブラケットに一定の角度を付与することである。



臨床におけるブラケットアンギュレーション

上顎切歯・犬歯や下顎犬歯が3〜6°近心傾斜するような、ブラケットアンギュレーションを付与することが多い。臨床的には、上顎切歯においてはブラケットスロットが切端に平行になるようブラケットアンギュレーションを付与する。

抜歯症例では、抜歯部位に隣在歯が傾斜することが多い。そのため、あらかじめ隣在歯に反対方向のブラケットアンギュレーションを付与しておくこともある。

ブラケットアンギュレーションを行わない一般的な方法では、歯の長軸に対して、ブラケットスロットを直角に位置づける。


「ブラケットアンギュレーション」の文献・書籍など

【読み】

ぶらけっとあんぎゅれーしょん

【文献・書籍】

『歯科矯正学 第6版』, 飯田順一郎ら, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「マルチブラケット」に関連する他の用語