乳歯冠(既製乳歯冠・既製金属冠)

「乳歯冠(既製乳歯冠・既製金属冠)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

乳歯冠(既製乳歯冠・既製金属冠)とは?

乳歯冠(既製乳歯冠・既製金属冠)とは、乳歯に適用されるクラウンのことである。小児の歯科治療は、なるべく迅速に行う必要がある。乳歯は永久歯と比べて歯質が薄く、髄角が突出しているなどの解剖学的特徴があるため、歯質の削合は永久歯よりも少なくする必要がある。また、対合歯の咬耗にも気を付けなければならない。このため乳歯冠が適用されることが多い。



乳歯冠(既製乳歯冠・既製金属冠)の特徴

既製乳歯冠・既製金属冠などの乳歯冠の特徴を以下に示す。
  • 製作に際しては直接法と間接法がある
  • 機能回復が容易である
  • 歯質削除量が少ない
  • 審美性が不良である
  • 前歯部ではクラウンフォームを用いる
  • 辺縁形態・マージン形態はナイフエッジとする

乳歯冠(既製乳歯冠・既製金属冠)の適応症

既製乳歯冠・既製金属冠などの乳歯冠の主な適応症を以下に列挙する。
  • う蝕による歯冠の崩壊が著しい乳臼歯
  • 多歯面(3面以上)にう蝕が多発している乳臼歯
  • 窩洞の保持形態・抵抗形態が得られないもの
  • う蝕罹患傾向が高い幼児の下顎第一乳臼歯
  • 歯髄処置を施した乳歯
  • 保隙装置の支台歯
  • 幼若永久歯の暫間修復
  • 形成不全歯(エナメル質形成不全症など)




「乳歯冠(既製乳歯冠・既製金属冠)」の文献・書籍など

【読み】

にゅうしかん(きせいにゅうしかん・きせいきんぞくかん)

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。