歯の脱臼

「歯の脱臼」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

歯の脱臼とは?

歯の脱臼とは、歯の支持組織(特に歯根膜)の損傷による、歯の逸脱のことである。歯の脱臼は、外力によるものが多く上顎前歯(特に中切歯)に起こりやすい。歯の脱臼のエックス線画像では脱臼部歯根膜腔拡大が見られる。



歯の脱臼の分類

歯の脱臼がその状態によって2つに分けられる。
  • 完全脱臼:歯根膜と完全に断裂しており、歯の変位がある
    • 陥没脱臼
    • 挺出脱臼
    • 側方脱臼
    • 脱落
  • 不完全脱臼:歯根膜損傷はあるが歯の変位がない(重度になると変位があることも)

歯の脱臼の治療方法

歯の脱臼の治療方法は以下である。
  • 歯の整復と固定
  • 歯の再植と固定が行われることもある




「歯の脱臼」の文献・書籍など

【読み】

はのだっきゅう

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

口腔外科疾患の症例リスト

日本小児科学会「Injury Alert」より、外傷による「乳臼歯」脱臼のケースをご紹介します。
通常、乳歯の外傷はほぼ上顎前歯部に生じます。本ケースのような臼歯部の完全脱臼はとても珍しく、興味深いです。

1歳9ヶ月の女児が入浴中、蛇口から直接水を飲もうとしたところ、乳臼歯が蛇口に嵌ってしまい、完全脱臼しました。

翌朝に歯科医院を受診しましたが、再植は予後不良と判断され、後続永久歯の歯胚への影響も含め経過観察をすることに。

蛇口は、外径が15mm、内径は6mm。内部は可動性のあるジャバラ構造でした。
この蛇口の構造に、一般的な第一乳臼歯のサイズがピッタリと合致してしまったことによる事故です。

1Dでこの症例を見る

「口腔外科疾患」に関連する他の用語

この用語が出てくる記事