サンダラック仮封

「サンダラック仮封」とは?歯科用語を解説
2019年10月16日

サンダラック仮封とは?

サンダラック仮封とは、感染根管治療中に天然樹脂を溶剤で溶かした溶液である「サンダラック」を染み込ませた綿球を髄室内に挿入することで排膿路の確保や食片圧入の防止を期待する仮封の術式のひとつである。サンダラック仮封は仮封の術式のなかでも、膿瘍から根管への排膿を確保するために根管を閉鎖しない「開放性仮封法」のひとつである。

「サンダラック仮封」の文献・書籍など

【読み】

さんだらっくかふう

【文献・書籍】

『歯内治療学 第4版』, 中村洋ら, 医歯薬出版株式会社, 2012.