デンタルコンペンセイション

「デンタルコンペンセイション」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

デンタルコンペンセイションとは?

デンタルコンペンセイションとは、骨格的なズレを歯性が補償していることである。

例えば、骨格性下顎前突の患者の多くは、舌圧を受ける上顎前歯は唇側傾斜し、下唇圧を受ける下顎前歯は舌側傾斜を起こしている。また臼歯においては、上顎臼歯の頰側傾斜、下顎臼歯の舌側傾斜も多く見られる。これらは下顎の骨格的なズレを歯が補償しているゆえの現象であり、デンタルコンペンセイションの例である。

「デンタルコンペンセイション」の文献・書籍など

【読み】

でんたるこんぺんせいしょん

【文献・書籍】

『歯科矯正学 第6版』, 飯田順一郎ら, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「マルチブラケット」に関連する他の用語