レジンセメント

「レジンセメント」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月26日

レジンセメントとは?

レジンセメントとは、歯科用セメントの一つでレジンを重合し硬化させることで歯質と修復物を接着させる。レジンセメントには接着性モノマーが含有されているので、歯面処理をした歯質、金属、ポーセレン、コンポジットレジンの修復材料と化学的に接着する。




レジンセメントの種類

レジンセメントの種類を以下に示す。
  • MMA/TBB系セメント
  • コンポジット系レジンセメント
  1. 化学重合型レジンセメント
  2. デュアルキュア型レジンセメント
  • セルフアドヒーシブセメント





「レジンセメント」の文献・書籍など

【読み】

れじんせめんと

【文献・書籍】

『保存修復学 第6版』, 千田彰ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

この用語が出てくる記事