Kennedyの分類(ケネディの分類)

「Kennedyの分類(ケネディの分類)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月20日

Kennedyの分類(ケネディの分類)とは?

Kennedyの分類(ケネディの分類)とは、歯の欠損部の位置による分類であり、部分床義歯における義歯床と支台歯の位置関係が基準となる。
上下顎それぞれについて分類を行う。分類には「級」と「類」があり、Ⅰ~Ⅳ「級」で大別され、中間欠損の数を「類」で示す。





Kennedyの分類Ⅰ級

Kennedyの分類のⅠ級は両側遊離端欠損である。遊離端とは、最後方大臼歯(8番がない場合は7番)が欠損している状態のことである。

Kennedyの分類Ⅱ級

Kennedyの分類のⅡ級は片側遊離端欠損である。すなわち、左右どちらかの最後方大臼歯が欠損している。

Kennedyの分類Ⅲ級

Kennedyの分類のⅢ級は中間欠損である。すなわち、欠損の両端には歯が存在する。
Ⅲ級で「類」を含めた表記をする場合は、「級」以外の残りの中間欠損の数を「類」で表現する。例えばⅠ級2類の場合は文字通り中間欠損の数は2つだが、Ⅲ級2類の場合実際の中間欠損の数は3つということになる。

Kennedyの分類Ⅳ級

Kennedyの分類Ⅳ級は正中をまたぐ前歯部欠損である。Ⅳ級には「類」が存在しない。中間欠損や遊離端欠損とともに前歯部欠損がある場合は、前歯部欠損が中間欠損の一つとして扱われる。例えば、前歯部欠損と両側遊離端欠損を持つ場合はⅠ級1類に分類される。






「Kennedyの分類(ケネディの分類)」の文献・書籍など

【読み】

けねでぃのぶんるい

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「義歯製作」に関連する他の用語