黄体形成ホルモン

「黄体形成ホルモン」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月18日

黄体形成ホルモンとは

黄体形成ホルモンとは下垂体から放出されるホルモンで、女性では卵胞の成熟に働き排卵の誘発、排卵後の黄体形成と黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌促進の作用がある。
男性では精巣の間質細胞(ライディッヒ細胞)に作用し、テストステロンの分泌を促進する。
視床下部から分泌されるゴナドトロピン放出ホルモンによって調節される。





「黄体形成ホルモン」の文献・書籍など

【読み】

おうたいけいせいほるもん

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

アカデミックの症例リスト

下垂体機能低下症に伴う歯の形態異常と歯数の異常および口腔清掃不良の症例

50歳の下垂体機能低下症の女性です。女性は、下垂体機能低下症の影響で、歯の形態異常や歯数の異常を伴っており、口腔環境が不良な状態でした。

その初診時の状態を画像1・画像2に示します。また、画像3は初診時のパノラマエックス線画像を示しています。

【下垂体機能低下症について】下垂体機能低下症は、下垂体前葉ホルモンであるACTH(副腎皮質刺激ホルモン)、TSH(甲状腺刺激ホルモン)、GH(成長ホルモン)、LH(黄体形成ホルモン)、FSH(卵胞刺激ホルモン)、プロラクチンの1つ以上の分泌が低下した状態です。

下垂体からの全てのホルモンの分泌が異常となっているものを、汎下垂体機能低下症といい、複数のホルモンが分泌異常となっているものを部分型下垂体機能低下症、単一のホルモンの欠損は単独欠損症と呼ばれています。

出典:Franco Ferrante, Sergio Blasi, Rolando Crippa, et al. Dental Abnormalities in Pituitary Dwarfism: A Case Report and Review of the Literature. Case Rep Dent. 2017.

1Dでこの症例を見る

「アカデミック」に関連する他の用語