セプトトミー(セプトトミィ)

「セプトトミー(セプトトミィ)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

セプトトミー(セプトトミィ)とは?

セプトトミー(セプトトミィ)とは、捻転歯の後戻りを防ぐために行う手術の方法である。セプトトミー(セプトトミィ)では歯槽頂線維を観血的に切断し、線維の緊張緩和・再組織化を促進させる。

捻転歯は、長期間器械的保定を行なっても、保定装置を除去すると再発することが多い。これは中隔横断線維などの歯肉排列の遅れが原因であるとされている。そのためセプトトミー(セプトトミィ)が行われるようになった。

しかしセプトトミー(セプトトミィ)は、外科的処置を行う点や効果を疑問視する考えもあることから、近年ではあまり行われていない。

「セプトトミー(セプトトミィ)」の文献・書籍など

【読み】

せぷととみー

【文献・書籍】

・『歯科矯正学 第6版』, 飯田順一郎ら, 医歯薬出版株式会社, 2019.
・『新しい歯科矯正学』,新井一仁ら,株式会社永末書店,2000

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「マルチブラケット」に関連する他の用語