FDI方式 (2数字並記法・Two-digitシステム)

「FDI方式 (2数字並記法・Two-digitシステム)」とは?歯科用語を解説
2020年02月19日

FDI方式 (2数字並記法・Two-digitシステム)とは?

FDI方式 (2数字並記法・Two-digitシステム)とは、歯式表現法の一つでWHO(世界保健機関)やFDI(国際歯科連盟)の国際基準となっている。全ての歯を2桁の数字で示し、左側(十の位)の数字は歯の位置(上下左右)右側(一の位)の数字は歯種を表している。例えば、FDI方式上顎左側第二小臼歯であれば25である。



FDI方式 (2数字並記法・Two-digitシステム)における歯式

FDI方式 (2数字並記法・Two-digitシステム)で左側(十の位)の数字が示す歯の位置は以下の通りである。
1:上顎右側
2:上顎左側
3:下顎左側
4:下顎右側
5:上顎右側乳歯
6:上顎左側乳歯
7:下顎左側乳歯
8:下顎右側乳歯

右側(一の位)の数字が示す歯種は以下の通りである。
1:中切歯
2:側切歯
3:犬歯
4:第一小臼歯(第一乳臼歯)
5:第二小臼歯(第二乳臼歯)
6:第一大臼歯
7:第二大臼歯
8:第三大臼歯



「FDI方式 (2数字並記法・Two-digitシステム)」の文献・書籍など

【読み】

えふでぃーあいほうしき(にすうじへいきほう・とぅーでぃじっとしすてむ)

【文献・書籍】

『保存修復学21 第5版』, 田上順次ら, 株式会社永末書店, 2017.