フレアー形成

「フレアー形成」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年11月12日

フレアー形成とは?

フレアー形成とは、感染根管治療において回転切削器具を用いて根管の上部に外開き形態を付与する術式・操作である。根管上部にフレアー形成を行うことによって、その後の根管洗浄や根管形成を容易にすることができる。フレアー形成は英語では「coronal flaring」や「coronal flare preparation」と呼び、日本語でも「根管口明示」や「根管口の漏斗状拡大」と呼ばれる術式である。



「フレアー形成」の文献・書籍など

【読み】

ふれあーけいせい

【文献・書籍】

『歯内治療学 第4版』, 中村洋ら, 医歯薬出版株式会社, 2012.

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。