クラウンループ

「クラウンループ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

クラウンループとは?

クラウンループとは、固定性保隙装置の一種で、乳歯や永久歯の早期喪失により隣在歯の傾斜移動をを防ぐために近遠心的に喪失歯の空隙を保持する装置のことである。クラウンループは基本的に、第一乳臼歯の1歯喪失症例に用いられる。



クラウンループの構造

クラウンループは、第2乳臼歯に乳歯用既成金属冠をセメント合着させ、そこから鑞着したワイヤーのループが乳犬歯遠心面に接するように空隙部を取り囲む構造になっている。

クラウンループの適応症

クラウンループの適応症は、下記のような症例である。
  • 片側性乳臼歯1歯早期喪失例で、喪失部の後方に歯が存在する症例
  • 支台歯が健全である
  • ヘルマンの歯齢 ⅡA~ⅢB

クラウンループの長所

クラウンループの利点・長所には、下記の点が挙げられる。
  • 患児が外すことなく、空隙の保持が確実
  • 支台歯の機能を抑制しない
  • 後続永久歯を正しい位置に萌出誘導することができる
  • 製作が容易

クラウンループの短所

クラウンループの欠点・短所には、下記の点が挙げられる。
  • 片側1歯の喪失症例にしか応用できない
  • クラウンループの場合、バンドループに比べ歯質切削量が多い
  • 咀嚼機能は回復されない
  • 対合歯に挺出は防止できない
  • 支台歯に過重負担がかかる場合がある




「クラウンループ」の文献・書籍など

【読み】

くらうんるーぷ

【文献・書籍】

『小児歯科学ベーシックテキスト 第5版』, 新谷誠康ら, 株式会社永末書店, 2016.
『小児歯科学 第4版』, 髙木裕三ら, 医歯薬出版株式会社, 2011.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。