歯科用語集
2022年3月16日

OHI(Oral Hygiene Index)

「OHI(Oral Hygiene Index)」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

PICK UP

OHI(Oral Hygiene Index)とは?

OHI(Oral Hygiene Index)とは、歯面のプラーク・歯石付着割合を評価する指標です。OHIの最高値は12点であり、最低値は0です。
,


OHI(Oral Hygiene Index)の判定基準

OHI=DI(Debris Index)+CI(Calculus Index)で表されます。そのためまずはDIとCIを算出する必要があります。

DI(Debris Index)、CI(Calculus Index)の算出方法

DIはプラーク指数のことであり、各歯面に付着したプラークの割合を評価する指標です。DIでは、第三大臼歯を除いた全ての歯を6つに分けます。
上顎右側臼歯部
上顎前歯部
上顎左側臼歯部
下顎右側臼歯部
下顎前歯部
下顎左側臼歯部

このように分けた上で、以下の判定基準をもとに、それぞれの部位のスコアを算出します。なお上記それぞれの部位での最高値を代表値とし、評価します。またスコアは頰側・舌側に分け別々で算出します。

DIスコア0:プラークおよび着色付着物が認められない
DIスコア1:着色付着物があるが歯冠部1/3の範囲内
DIスコア2:着色付着物があるが歯冠部1/3〜2/3の範囲内
DIスコア3:歯冠部2/3以上に着色付着物が付着している
DI=(各部位の頰側スコア合計+各部位の舌側スコア合計)÷被検査部位数

CIは歯石指数のことですが、DIと同様の方法で算出します。DIとCIが算出できたら、OHI=DI+CIの式に当てはめOHI(Oral Hygiene Index)を求めます。





関連用語

PICK UP
1D SNS
掲載情報について

1D(ワンディー)は、歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士向けの情報が集まる、日本最大級の専門メディアです。

トップレベルの臨床家・研究者からオンラインで学べる「歯科セミナー」や、臨床・経営・ライフスタイルの最新情報が収集できる「歯科ニュース」など、多彩な歯科医療コンテンツを配信しています。

本サイトは、歯科医療関係者(歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科助手・歯科学生等)を対象に、歯科医療の臨床・研究・経営等に関する情報を集約したものです。歯科医療関係者以外の一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

また、本サイトで提供する情報について細心の注意を払っておりますが、内容の正確性・完全性・有用性等に関して保証するものではありません。詳細は利用規約をご覧ください。

SNS
© 2023 1D inc.
1D SNS
掲載情報について

1D(ワンディー)は、歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士向けの情報が集まる、日本最大級の専門メディアです。

トップレベルの臨床家・研究者からオンラインで学べる「歯科セミナー」や、臨床・経営・ライフスタイルの最新情報が収集できる「歯科ニュース」など、多彩な歯科医療コンテンツを配信しています。

本サイトは、歯科医療関係者(歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科助手・歯科学生等)を対象に、歯科医療の臨床・研究・経営等に関する情報を集約したものです。歯科医療関係者以外の一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

また、本サイトで提供する情報について細心の注意を払っておりますが、内容の正確性・完全性・有用性等に関して保証するものではありません。詳細は利用規約をご覧ください。

SNS
© 2023 1D inc.