医療広告ガイドライン

「医療広告ガイドライン」とは?歯科用語を解説
2020年02月20日

医療広告ガイドラインとは?

医療広告ガイドラインとは、「医業、歯科医業、病院、診療所は医療法で規定されている事項以外の広告をしてはならない」という規定をしているガイドラインである。



医療広告ガイドラインで規定されている事項

医療広告ガイドラインで規定されている事項としては、医師、歯科医師、診療科名、医療機関の名称、入院の有無や施設、設備、医療従事者の数、略歴などである。

規定されている広告できる歯科の診療科名

医療広告ガイドラインで規定されている広告できる歯科の診療科名として、以下の診療科名がある。
  • 歯科
  • 歯科口腔外科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 小児矯正歯科

広告できる歯科の専門医

医療広告ガイドラインで広告できる歯科の専門医は以下である。
  • 日本口腔外科学会 口腔外科専門医
  • 特定非営利活動法人 日本歯周病学会 歯周病専門医
  • 一般社団法人 日本歯科麻酔学会 歯科麻酔専門医
  • 一般社団法人 日本小児歯科学会 小児歯科専門医
  • 特定非営利活動法人 日本歯科放射線学会 歯科放射線専門医 



「医療広告ガイドライン」の文献・書籍など

【読み】

いりょうこうこくがいどらいん

【文献・書籍】