医療広告ガイドライン

「医療広告ガイドライン」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月21日

医療広告ガイドラインとは?

医療広告ガイドラインとは、「医業、歯科医業、病院、診療所は医療法で規定されている事項以外の広告をしてはならない」という規定をしているガイドラインである。




医療広告ガイドラインで規定されている事項

医療広告ガイドラインで規定されている事項としては、医師、歯科医師、診療科名、医療機関の名称、入院の有無や施設、設備、医療従事者の数、略歴などである。

規定されている広告できる歯科の診療科名

医療広告ガイドラインで規定されている広告できる歯科の診療科名として、以下の診療科名がある。
  • 歯科
  • 歯科口腔外科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 小児矯正歯科

広告できる歯科の専門医

医療広告ガイドラインで広告できる歯科の専門医は以下である。
  • 日本口腔外科学会 口腔外科専門医
  • 特定非営利活動法人 日本歯周病学会 歯周病専門医
  • 一般社団法人 日本歯科麻酔学会 歯科麻酔専門医
  • 一般社団法人 日本小児歯科学会 小児歯科専門医
  • 特定非営利活動法人 日本歯科放射線学会 歯科放射線専門医 





「医療広告ガイドライン」の文献・書籍など

【読み】

いりょうこうこくがいどらいん

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

医院経営の症例リスト

あまりご存じない先生もいらっしゃるようなので再確認します。
医療広告ガイドラインに準拠している、ということを医院のサイトにて強調することは許可されていません。
「当医院のサイトは医療広告ガイドラインに適合しています!」
などを強調して貼ったりするとそれ自体が医療広告ガイドライン違反になるおそれがありますのでご注意ください。

1Dでこの症例を見る
歯科医院の医療広告ガイドライン対策

医療広告ガイドライン
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000209841.pdf

spee先生のブログ
https://spee.hatenablog.com/entry/iryoukokokuguideline

皆さんの医院は大丈夫でしょうか?

うちはいくつか修正しなきゃいけないところがありました。
はぁ、面倒臭い(涙)

1Dでこの症例を見る

本当に過疎ってるな。 twitterでは、それなりに活発な議論が行われてる気もするんですが、皆文章だけで、症例写真を提示しないので、(医療広告ガイドライン等で、できないのかな)なんとも言えない気持ちになる事が多々あります。

写真も無しに、人の意見を信じるのは危険です。

本来1Dでも広告ガイドラインは適応されるのかもしれませんが、患者さんからの許可を頂いた物であれば、ディスカッションを行う為にも写真は必須だと考えています。

1Dでこの症例を見る
この用語が出てくる記事