全調節性咬合器

「全調節性咬合器」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

全調節性咬合器とは?

全調節性咬合器とは、両側の矢状顆路傾斜および非作業側の側方顆路の調節機構に加えて、運動量の小さい作業側の側方顆路および作業側側方顆路傾斜の調節機構を備えている咬合器である。全調節性咬合器は、咬合器の分類としては、調節性咬合器の一つである。
全調節性咬合器は、それぞれの顆路を生体と同じ曲線によって再現できる咬合器である。全調節性咬合器の作業側顆路の調節機構は、非作業側顆路調節機構に影響を及ぼさない構造となっている。
全調節性咬合器は一般的には臨床で用いられる機会は少ない。全調節性咬合器自体が高価であることと、操作が煩雑であることがその理由として挙げられる。



全調節性咬合器の顎運動の記録法

全調節性咬合器では、顎運動の記録はパントグラフ法が用いられる。なお、フェイスボウトランスファーは半調節性咬合器の顎運動の記録法である。




「全調節性咬合器」の文献・書籍など

【読み】

ぜんちょうせつせいこうごうき

【文献・書籍】

『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「義歯製作」に関連する他の用語