ストッピング

「ストッピング」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年12月05日

ストッピングとは?

ストッピングとは、テンポラリーストッピングの略称であり、熱可塑性の仮封材である。ストッピングは二重仮封の内側の材料として使われることが多い。




ストッピングを用いた仮封の方法

ストッピングを用いた仮封の方法・術式を以下に示す。
  1. 火で温めた練成充填器にテンポラリーストッピングの小片をつける
  2. テンポラリーストッピングをつけた練成充填器を火で温め、テンポラリーストッピングを軟化させる
  3. 加熱により軟化したテンポラリーストッピングを窩洞に圧接して仮封する
  4. ストッピングの除去の際は熱した練成充瑣器を当てると容易に除去できる

ストッピングの利点・メリット

ストッピングは、仮封材としての着脱が容易である点が利点・メリットである。
  • 着脱が容易である

ストッピングの欠点・デメリット

ストッピングは、他の仮封材と比べて封鎖性に劣るということが欠点・デメリットである。





「ストッピング」の文献・書籍など

【読み】

すとっぴんぐ

【文献・書籍】

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

感染根管治療の症例リスト

ストッピングキャリアの用途を教えて下さい!

1Dでこの症例を見る

ストッピングキャリアの温め方のコツが掴めません。

1Dでこの症例を見る