ボクシング

「ボクシング」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ボクシングとは?

ボクシングとは、義歯制作の過程で行う操作のひとつで、精密印象採得後の印象体に行う作業のことである。ボクシングは特に全部床義歯の作成で行われる。
全部床義歯の作業模型の製作では、義歯床辺緑部の形態が重要であり、印象採得によって形成された形態を正確に模型に再現しなければならない。そのため印象辺緑を保護し、辺緑形態を模型に再現し、模型の厚みを一定に保つために、精密印象に石膏を注入する前にボクシングという操作を行う。ボクシングはboxing(箱枠形成)という意味である。



義歯製作におけるボクシングの目的

義歯製作におけるボクシングの目的は以下の3つである。
  • 印象体辺縁の保護
  • 辺縁形態の模型への再現
  • 模型の厚みを一定にする

義歯製作におけるボクシングで使われる歯科材料

義歯製作におけるボクシングは印象体の周りにパラフィンワックスの「壁」のようなものを貼る作業であり、その接着剤としてユーティリティワックスが使われる。
  • 個人トレー
  • 辺縁形成用コンバウンド
  • 印象材
  • ユーティリティワックス
  • パラフィンワックス




「ボクシング」の文献・書籍など

【読み】

ぼくしんぐ

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。