フルニエ歯

「フルニエ歯」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

フルニエ歯とは?

フルニエ歯とは、先天性梅毒により形成不全・臼歯の咬頭発育不全を起こした歯のことである。先天性梅毒の原因菌である梅毒トレポネーマの毒素が歯胚に直接影響を与えることで、臼歯部の咬頭発育不全を起こす。フルニエ歯はエナメル質の石灰化不全により生じ、特に第一大臼歯に好発する。



フルニエ歯・ムーン歯・桑実状臼歯

フルニエ歯は英語ではFournier toothといい、「ムーン歯(Moon's tooth)」、「桑実状臼歯」とも呼ばれている。




「フルニエ歯」の文献・書籍など

【読み】

ふるにえし

【文献・書籍】

『歯内治療学 第4版』, 中村洋ら, 医歯薬出版株式会社, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「アカデミック」に関連する他の用語