グラスアイオノマーセメント

「グラスアイオノマーセメント」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月26日

グラスアイオノマーセメントとは?

1971年、イギリスのWilsonとKentによって、グラスアイオノマーセメント(デュポン社の商標であるため、一般名としてグラスポリアルケノエートセメントともよばれる)が開発された。

グラスアイオノマーセメントとは、歯科用セメントの一つで審美修復、築造、裏層、合着、仮封、予防塡塞、象牙質知覚過敏症の治療など汎用性が高い。グラスアイオノマーセメントの粉末の主成分はアルミノシリケートガラス(シリカとアルミナの混合物)で、フラックスとして、フッ化カルシウム、リン酸アルミニウムなどが含まれている。液はポリアクリル酸マレイン酸の共重合体、もしくはポリアクリル酸とイタコン酸の共重合体に5%の酒石酸を加えた高分子酸水溶液となっている。



グラスアイオノマーセメントの特徴

グラスアイオノマーセメントはレジンセメントの次に大きい機械的強度をもつこと、歯面処理することなくエナメル質と象牙質に接着できること、う蝕への抵抗性があること、優れた生体親和性をもつことという利点がある。一方で、グラスアイオノマーセメントは硬化しはじめるときに感水すると白く濁るという欠点がある。

グラスアイオノマーセメントは、歯質に対する接着性をもち、ほかのセメントと比べて歯髄への為害作用が少なく、さらに硬化体からフッ素を徐放して抗齲蝕性がもたらされるといった特徴を兼ね備えている。

グラスアイオノマーセメントの欠点は、硬化時間が長く、硬化途中に唾液などの水分に汚染されると劣化することである。また、成形修復材料としては、アマルガムやコンポジットレジンと比較すると強さが小さいので、前歯部や乳歯など荷重負担の大きくない部位に利用される。従来のグラスアイオノマーセメントの感水性や低い初期硬度などの欠点を改善する為、レジン成分を添加したレジン添加型グラスアイオノマーセメントが登場した。

グラスアイオノマーセメントの分類

グラスアイオノマーセメントは、広汎な用途に利用され、用途別に次のように分類される。
  • 成形修復用
  • 合着用
  • 支台築造用
  • 裏層用
  • 小窩・裂溝填塞用

グラスアイオノマーセメントは、組成と硬化機構から次の様に分類される。
  • 従来型グラスアイオノマーセメント
  • レジン添加型グラスアイオノマーセメント

グラスアイオノマーセメントの組成

グラスアイオノマーセメントの組成は、次の通りである。

  1. 従来型グラスアイオノマーセメント
    粉末:フッ化物を含むアルミノケイ酸塩ガラス(フルオロアルミノケイ酸塩ガラス)
    液体:ポリアクリル酸水溶液(側鎖にカルボキシ基を有するもの)

  2. レジン添加型グラスアイオノマーセメント
    粉末:組成は従来型グラスアイオノマーセメントと同じ。形状は微細化され、これに重合開始材を含んでいる。
    液体:2種類のものが報告されている。従来のポリアクリル酸系水溶液中に水溶性レジンモノマーであるHEMAを配合したものと、ポリアクリル酸の側鎖の一部をメタクリロイルオキシ基で修飾したものとがある。

グラスアイオノマーセメントの硬化機構

グラスアイオノマーセメントの硬化機構は、次の通りである。

  1. 従来型グラスアイオノマーセメント
    粉末と液を練和すると、粉末のガラスの最表層が溶解し、液中にガラスに含まれていたカルシウム、ストロンチウム、アルミニウム、ナトリウム、フッ素などのイオンが溶出する。液の中でポリアクリル酸などのカルボキシ基はマイナスに帯電し、水の中に溶解しているが、プラスに帯電したカルシウムイオンが水分子を引きつけながら、カルボキシラートイオンにイオン結合し、ポリアクリル酸の線状高分子間を架橋する。この結果、三次元的な架橋高分子の絡み合いが生じ、液は流動性を失って硬化する。

  2. レジン添加型グラスアイオノマーセメント
    従来の酸ー塩基反応による効果と、レジン(ビニル基)の重合反応による硬化の両方による。レジン重合の機構は、コンポジットレジンと同様に、化学重合と光重合がある。レジン(ビニル基)の重合により、HEMAが重合してpoly-HEMAになる。また、ポリアクリル酸共重合体間が、側鎖のメタクリレート(ビニル基)の重合反応により架橋される。レジン(ビニル基)の重合と、ポリアクリル酸とガラス粉末間の酸ー塩基反応は独立して起こり、レジン重合が先に完了する。




「グラスアイオノマーセメント」の文献・書籍など

【読み】

ぐらすあいおのまーせめんと

【文献・書籍】

『保存修復学 第6版』, 千田彰ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.
『スタンダード歯科理工学 第6版』, 中嶌裕ら, 学建書院, 2017.

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師・歯学博士。1987年東京都生まれ。2013年鶴見大学歯学部卒業後、歯科医師国家資格取得。2018年同大学大学院歯内療法学講座にて博士(歯学)取得。現在は同大学歯学部解剖学講座に非常勤研究員として所属。歯科医院に勤務する傍ら、個別指導塾を開設。個別指導歴は6年目、再試数2桁(学年最下位)を半年で進級させる。2020年から子どもたちに絵本を届けるため「スタジオ歯の絵本」で歯科の絵本製作プロジェクトを始動。
【note】note.com/dentalobo
【twitter】twitter.com/dentalobo

この用語が出てくる記事