歯科用語集

2022年03月15日

仮封

「仮封」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

仮封とは?

仮封とは、歯内療法の治療期間中に、次回来院までのあいだに歯髄保護および根管の無菌的状態を維持するために窩洞や根管を一時的に封鎖することです。仮封に使われる材料のことを窩洞形成や覆髄処置を行ったあとの歯面の印象採得後から修復物が完成するまでの期間、あるいは感染根管治療を行なっている途中の根管を次の治療までの期間など歯科臨床ににおいて一時的に細菌や汚染物質、唾液などの侵入を防止するために封鎖が必要な場面は多々あります。そのような場面で一時的な封鎖(仮封)を行うために用いられる材料を仮封材といいます。">仮封材と呼びます。
仮封は最低でも3mm~4mmの厚みを持たせた方が感染根管治療の予後が良いとされます。なお、仮封は英語でtemporary sealingといいます。




仮封の目的

歯内療法・感染根管治療における仮封の目的としては、以下の点が挙げられます。
  • 根管内の汚染防止
  • 歯髄の保護
  • 食片圧入の防止
  • 歯質の保護
  • 審美性の確保


仮封に使われる窩洞形成や覆髄処置を行ったあとの歯面の印象採得後から修復物が完成するまでの期間、あるいは感染根管治療を行なっている途中の根管を次の治療までの期間など歯科臨床ににおいて一時的に細菌や汚染物質、唾液などの侵入を防止するために封鎖が必要な場面は多々あります。そのような場面で一時的な封鎖(仮封)を行うために用いられる材料を仮封材といいます。">仮封材の種類

仮封に使われる窩洞形成や覆髄処置を行ったあとの歯面の印象採得後から修復物が完成するまでの期間、あるいは感染根管治療を行なっている途中の根管を次の治療までの期間など歯科臨床ににおいて一時的に細菌や汚染物質、唾液などの侵入を防止するために封鎖が必要な場面は多々あります。そのような場面で一時的な封鎖(仮封)を行うために用いられる材料を仮封材といいます。">仮封材としては、下記のような材料が挙げられます。下記の窩洞形成や覆髄処置を行ったあとの歯面の印象採得後から修復物が完成するまでの期間、あるいは感染根管治療を行なっている途中の根管を次の治療までの期間など歯科臨床ににおいて一時的に細菌や汚染物質、唾液などの侵入を防止するために封鎖が必要な場面は多々あります。そのような場面で一時的な封鎖(仮封)を行うために用いられる材料を仮封材といいます。">仮封材のなかでも特に、水硬性セメントと酸化亜鉛ユージノールセメントが臨床的に用いられることが多いです。


仮封に使われる窩洞形成や覆髄処置を行ったあとの歯面の印象採得後から修復物が完成するまでの期間、あるいは感染根管治療を行なっている途中の根管を次の治療までの期間など歯科臨床ににおいて一時的に細菌や汚染物質、唾液などの侵入を防止するために封鎖が必要な場面は多々あります。そのような場面で一時的な封鎖(仮封)を行うために用いられる材料を仮封材といいます。">仮封材の要件

仮封に使われる窩洞形成や覆髄処置を行ったあとの歯面の印象採得後から修復物が完成するまでの期間、あるいは感染根管治療を行なっている途中の根管を次の治療までの期間など歯科臨床ににおいて一時的に細菌や汚染物質、唾液などの侵入を防止するために封鎖が必要な場面は多々あります。そのような場面で一時的な封鎖(仮封)を行うために用いられる材料を仮封材といいます。">仮封材は、下記で示すような要件を有する必要があります。
  • 窩壁に密着すること
  • 長期間の封鎖にも耐えうること
  • 咬合圧に耐えうること
  • 無刺激性であること
  • 操作性に優れること
  • 物理的・化学的に安定していること

仮封の方法

仮封する方法には、以下のような種類があります。
  • 単一仮封法
  • 二重仮封法
  • サンダラック仮封(開放性仮封法)
  • Weiserの仮封(開放性仮封法)




この記事は無料の会員限定です
会員登録して読む(無料)
ログインして読む