グループファンクション

「グループファンクション」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

グループファンクションとは?

グループファンクションとは、側方滑走運動時、作業側の複数歯が接触滑走し、そのときに平衡側の歯は離開する咬合様式のことである。グループファンクションは、健常有歯顎者において最も多く見られる咬合様式である。




「グループファンクション」という言葉の歴史

グループファンクションは、以前は側方滑走運動時に、作業側全ての歯を接触滑走させ側方圧を分担させ、平衡側の歯の接触滑走を除去するという考えのもと導入された。しかし、健常有歯顎者においてそのような咬合状態はまれである。また、大臼歯(特に最後臼歯)が負担する側方圧は、前歯部と比較して過大である。これらのことから、必ずしも大臼歯まで含む必要はなく、グループファンクションは”作業側の複数歯の接触滑走”というゆるやかな定義になった。

すなわち現在では、側方滑走運動時に、作業側の犬歯を中心とした切歯〜小臼歯が接触滑走し、作業側の大臼歯は離開するのが望ましいとされている。




「グループファンクション」の文献・書籍など

【読み】

ぐるーぷふぁんくしょん

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

この用語が出てくる記事