普通石膏

「普通石膏」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

普通石膏とは?

普通石膏とは、二水石膏を空中で120〜130℃に乾式加熱することにより製造しているの石膏をいう。普通石膏はβ 石膏である。普通石膏は焼石膏、パリ石膏とも呼ばれる。



普通石膏の用途

診断用模型、長期保存用模型などの非作業用模型として用いられることが多い。 また、 レジン重合用埋没材やアルジネート印象材の硬化剤としても用いられる。

普通石膏の硬質石膏と比較したときの特徴

普通石膏は硬質石膏と比べて、以下のような特徴がある。
  • 混水比が高い(多くの水を必要とする)
  • 発熱量が多い
  • 硬さが低い
  • 硬化体が緻密ではない
  • 多孔質で空隙が多い
  • 硬化膨張率が高い




「普通石膏」の文献・書籍など

【読み】

ふつうせっこう

【文献・書籍】

『スタンダード歯科理工学一生体材料と歯科材料一 第5版』, 楳本貢三ら, 株式会社学建書院, 2013.
『新編 歯科理工学 第5版』, 小田豊ら, 株式会社学建書院, 2012.
『コア歯科理工学 第1版』, 小倉英夫ら, 医歯薬出版株式会社, 2008.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

印象採得の症例リスト

部分床義歯の作り方について、先生がロクに教えてくれないし予習に全部負担かけてくるので、「何故その工程を行うのか?」に重点を置きながら予習したのですが、これであっているでしょうか。
もしよろしければ、添削お願いします。

1Dでこの症例を見る

私の医院では
印象後の石膏を流すのは衛生士、助手が行います。
たまに気泡が入ってしまったり石膏が破折したりして、
患者さんに迷惑をかけてしまうことがあります。

真空の混ぜる機械を使って、慎重に流しているのですが
それでもどこかでミスが起こってしまいます。

改善方法はなにかありますか?

1Dでこの症例を見る
この用語が出てくる記事