歯科用語集

2023年03月18日

バイオハザードマーク

「バイオハザードマーク」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

バイオハザードマークとは?

感染が疑われる廃棄物に付けられるマークのことである。医療従事者が一目で感染性廃棄物として識別できるよう、分別容器に付与することが推奨されている。

廃棄物の色分け

・赤…液状または泥状のもの (例)血液、胎盤など
・橙色…固形状のもの (例)血液の付着したガーゼなど
・黄色…鋭利なもの、分別排出が困難なもの (例)注射針など
この記事は無料の会員限定です
会員登録して読む(無料)
ログインして読む