サベイライン

「サベイライン」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

サベイラインとは?

サベイラインとは、部分床義歯製作において模型上の支台歯に記録される最大膨隆線のことである。サベイラインは「鈎指導線」とも呼ばれる。サベイラインは、クラスプを設計する際に指標とするものの一つである。サベイラインによって歯面は歯冠側と歯肉側に隔てられるが、それぞれを咬合円錐、歯肉円錐という。



サベイラインの記録方法

サベイラインの記録方法について解説する。サベイラインを記録するには、まずサベイヤーに模型を設置し、炭素棒(カーボンマーカー)を取り付ける。次に炭素棒を動かし、その側面が歯の最大膨隆部に接触することでサベイラインが描記される。




「サベイライン」の文献・書籍など

【読み】

さべいらいん

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「義歯製作」に関連する他の用語